2014年4月一覧

5月5日 月曜日は当番医です。お子様からご高齢の方まで診察を行っております。9時から18時まで診療を行っております。 (2014年04月29日)

5月5日 月曜日は当番医です。9時から18時まで診療を行っております。

お子様からご高齢の方まで診察を行っております。

どんな病気でもお気軽にご相談ください。

 

 

MRワクチン(麻疹風疹ワクチン)投与,風疹抗体の測定について4月より助成決定となりました。  (2014年04月25日)

医療機関における無料の風しん抗体検査の実施
1 基本的な考え方
平成25年に、全国的な風しんの流行及び先天性風しん症候群患者の報告数の増加がみられたことにより、主として先天性風しん症候群患者発生を予防することを目的に、風しん抗体検査を行うことにより、効果的な風しんの予防接種を促進し、安心して子どもを生み育てる環境づくりを推進する。
2 対象者
県内に居住する次のいずれかに該当する方(下関市を除く。)
(1)妊娠を希望する女性※1
(2)妊娠を希望する女性及び妊娠中の女性の配偶者(パートナーを含む)※1※2
※1)過去に抗体検査を受けたことがある方、風しんの予防接種歴がある方、風しんの既往歴のある方(検査を実施して確定診断を受けた方)を除く。
※2)配偶者(パートナー)は、口頭での申出により確認。
3 実施期間
平成26年4月1日から平成27年3月31日まで
4 検査内容
風しん抗体(原則としてHI検査)
5 実施機関
県内の届出医療機関(下関市を除く)
 

風しんに対する免疫が十分でない女性が、妊娠初期に風しんにかかると、生まれてくるお子さんに「先天性風しん症候群」という目や耳、心臓などに障がいが起こる可能性が高くなります。  山口市では、主に「先天性風しん症候群」を予防するため、風しん予防接種費用の一部を助成します。  なお、山口県による無料の抗体検査の制度があります。詳しくは、下記関連リンクをご覧ください。

【対象者】   事前の抗体検査の結果、風しんの抗体が十分でないと判断され、予防接種時に山口市に住民票があり、次のいずれかに該当する方。   (1)妊娠を希望している女性(妊娠していることが判明している方を除きます。)   (2)(1)の配偶者等   (3)妊娠中の女性の配偶者等   【実施期間】   平成26年4月1日から平成27年3月31日まで   (上記期間内に接種された方)
【助成金額(限度額)】   (1)風しんワクチン             3,000円   (2)麻しん風しん混合(MR)ワクチン      5,000円    ※助成金は、一人につきいずれか1回限りとし、助成額は、上記助成金額と医療機関に支払った風しん予防接種の費用とのいずれか低い方の額とします。
【助成方法】   (1)医療機関で予防接種を受け、医療機関窓口で接種費用を全額お支払いください。   (2)次の書類を各市保健センターにご提出ください。(窓口へ持参、または郵送)      1 風しん予防接種費用助成金交付申請書(各市保健センター及び風しん予防接種実施医療機関に備え付けてあります。)    2 風しんの予防接種を受けた医療機関が発行した領収書    3 風しんの抗体検査結果が確認できるもの
   助成手続き終了後、ご指定の口座へ助成金額をお振り込みします。